秋鮭のちゃんちゃん焼き

投稿日:

体の芯からぽっかぽか!

北海道を代表する、豪快漁師料理ちゃんちゃん焼き!
特に秋の鮭は産卵前で美味しいとされています。
少し肌寒さを感じる秋のバーベキューもちゃんちゃん焼きをメニューに加えれば作っている最中から体が温まること間違いなし!

焼きバナナが最高のBBQスウィーツ

必要な材料

・鮭の切り身 ・お好みの野菜(キャベツ、白菜、玉ねぎ、もやし、にんじん、ピーマンなど) ・調味料(味噌、砂糖、みりん)・バター

作り方手順

    • コンロの上に置いた鉄板(アルミプレートでも可)にバターをひき、塩コショウした鮭の切り身を身を下にして中央に並べます。(身から焼くと崩れにくく、綺麗に仕上がります!)
    • 焼き色がついたらひっくり返して、周りにキャベツ、白菜、玉ねぎ、もやし、にんじん、ピーマンなどのお好みの野菜をざく切りしたものを並べ、味噌、砂糖、みりんなどの調味料で作ったタレをまんべんなくかけて、アルミホイルで蓋をします。
    • 4~5分蒸し焼きにして、野菜がしんなりしてきたら、鮭の身をほくずし、野菜と混ぜ合わせます。 ポイントは焼いたらとにかく『豪快』に混ぜ合わせること!!です。 出来上がったら、鉄板から直接アツアツを食べましょう。食べ方も『豪快』に!  ※鮭の変わりに、マスを使っても美味しいちゃんちゃん焼きが出来ますよ♪

食育ワンポイント

さて、ちゃんちゃん焼きという変わった名前の由来には、いろいろな説があります。
・お父ちゃんが焼いて調理するから・ちゃちゃっと(素早く)作れるから・鮭を焼くときに鉄板がちゃんちゃんと音をたてるからなど、諸説あり、定かではありません。でも、ちゃんちゃん焼きという響きはとても素朴な感じですね。

ちゃんちゃん焼きは、魚と野菜をたっぷり食べることが出来るので、子供にも食べさせたい一品です。
鮭に含まれるアスタキサンチンは自然界最強の抗酸化作用を持つと言われています。特に天然の紅鮭に多く含まれています。