海鮮バーベキューといえばこれ!サザエの壺焼き

投稿日:

サザエの壺焼きは奥が深い???

海鮮×炭火といったら、真っ先に思い浮かぶのがサザエの壺焼き!
網の上に乗せるだけなのでレシピというほどでもないですが、美味しく焼いて食べるコツをご紹介します!

焼きバナナが最高のBBQスウィーツ

必要な材料

・サザエ ・醤油 ・日本酒 

作り方手順

    • サザエは活きたものを使います。築地で手に入れたものは、鮮度バツグンだと思いますが、家庭でやる時の参考までに。サザエを振ってみてカタカタと音がなるようなら、そのサザエは死んでいるので捨てましょう。
    • 炭の火加減には注意が必要です。温度が高すぎて、強火で一気に焼くと身が固くなってしまいます。 サザエは美味しい汁がこぼれないように、「口を上にして」網の上に置いてください。 日本酒で下味をつける場合は、この時点で振りかけると身が柔らかくなります。逆に醤油は身を固くするので、ここではぐっとガマン。あと、中の水分が多すぎて水蒸気の逃げ場がなくなると爆発の原因にもなってしまいます。
    • グツグツとサザエの汁が吹き上げてきたら焼き上がりのサイン。醤油を垂らしてお皿の上に移しましょう。このタイミングでバターを乗せても美味しいです。
    • さぁ、ここからが勝負です。 あのがっちりしたフタを外さなくては食べれません。フタを外すというよりは、フタごと中身を取り出す感じです。できれば楊枝よりもしっかりとした竹串で渦巻の内側のフタを押すようにして隙間から身の部分に刺します。そのままクルクル回して身を外します。最後まできれいにクルンと取れた時は結構うれしかったりします。
    • サザエの肝の部分は少し苦みがあるので苦手な人もいるかもしれませんが、サザエは殻とフタ以外はすべて食べることが出来ます。 熱々コリコリの身に、ビターな大人味の肝、ほかに例えようもない旨さの汁、サザエを余すとこなくご堪能ください!

食育ワンポイント

サザエを選ぶ時に、せっかくのアウトドアBBQだからと奮発して、大きくりっぱな値段の高いものを選びがちですが、BBQでつぼ焼きに使うサザエは、あまり大きいと中まで火がとおりにくくなるのと焼き過ぎると身がかたくなってしまうので、小さいサイズのもので十分です。大きさよりもフタの部分がしっかりと閉まったものを選びましょう。鮮度が落ちてくるとフタの部分に隙間が出来てきます。